アンチエイジングの味方!人参シリシリ

アンチエイジングの味方!人参シリシリ

アンチエイジングに励む方々、毎日ニンジンは食べていますか?ニンジンには、体がサビつくのを防ぐカロチンが豊富に含まれているんですよ♪アンチエイジング対策には緑黄色野菜が勧められていますが、その中でもニンジンに含まれるカロチンは特に多いと言われています。

どのくらい多いのかというと、100g当りでは4100IU。これは成人男性が1日に必要とするカロチンの量を2倍も上回っているんだとか!そうは言っても、ニンジンを100gも食べるのは大変…。そう思うのは、生のままで食べることを考えているからではないですか?

栄養素の中には、熱に弱いものもたくさんあります。でもカロチンは、加熱した方が体によく吸収されるようになるんですよ(^^)生のニンジンを食べるのは大変でも、茹でたり炒めたりすればカサも減り、100gなんてあっという間!

それでも一度に食べるのが難しいという場合は、毎食少しずつニンジン料理を食べるようにしてはどうでしょう。30~40gのニンジンは、ほんの二口程度。それも煮るなり炒めるなりして、味をつけて柔らかく加熱すれば美味しく食べられます♪

味付けを濃い目にしたり辛みをつけたりすれば、お酒のお供にも最適。最初は多いと感じた100gも、気がつけばそれ以上食べてしまっているかも!?

私がオススメしたいニンジン料理は、沖縄料理の「シリシリ」です。作り方は簡単で、材料費も安い♪一度作ればすぐに覚えられるレシピだと思うので、アンチエイジングのためにも挑戦してみてはどうでしょう(^^)

<人参シリシリ レシピ>

■材料(2人分)

ニンジン … 中1本

ツナ缶 … 1缶(80g)

卵 … 1個

顆粒和風だしの素 … 小さじ1/2

しょうゆ … 少々

塩こしょう … 少々

■手順

1.ニンジンを千切りにする。

2.フライパンにツナを缶汁ごと入れて熱し、ニンジンを炒める。

3.ニンジンがしんなりしてきたら、顆粒和風だしの素としょうゆを加え、さらに炒める。

4.最後に溶き卵を回しいれ、卵が固まってきたら塩こしょうで調味する。

だしの素としょうゆの代わりに、めんつゆを使うとさらに簡単♪

ツナ缶じゃなく、ベーコンでもおいしくできます(^^)

もみあげ脱毛

美肌を保つ努力は惜しまない

キレイな肌でいたいというのは、ほとんどの女性に共通する思い。でもそのために行っていることは、それぞれ違いますね。

キレイな肌のため、女性の方々が実際に実践している方法を集めてみました。

『サプリメントを摂る』

肌に必要な栄養素は、できるだけ食事で摂取したいもの。でもどうしてもそれが難しい場合は、サプリメントで補ってあげるのもいいですね。

サプリメントは忙しいときも手軽に飲めて便利ですが、全てをそれで済ませようとするのはどうかと思ってしまいます。サプリメントの役割は、あくまでもサポート。いくら簡単で毎日続けやすいといっても、それだけに頼ってしまうことはあまりオススメしません。

『週に一度のパック』

パックは手間がかかって面倒くさいという人より、週に一度の楽しみにしている人の方が多くいます。私もパックをするのは好きです(^^)パックで潤ったスベスベの肌は、触ると嬉しくなってしまいます♪パックにもいろんな種類があるので、自分に合ったものを実践するといいですね。

『部屋の湿度を上げる』

部屋が乾燥していると、肌も潤いを失ってカサカサに…。私も以前、肌の乾燥が部屋の湿度に原因があったことがあります。部屋の湿度は盲点になりがちですが、加湿器を使うなどして適度な湿度を保つことも大切です。

『夜更かしをしない』

これは本当に大切なこと。どんなに一生懸命肌の手入れをしていても、睡眠が不十分だと効果も充分に得られません。肌のためにも、質の良い睡眠をたっぷりとるようにしたいですね。

『水洗顔をする』

何でも、洗顔料を使わずに水だけで洗顔することで、ひどかった肌トラブルが改善したという方も少なくないんだとか。全ての人に同じ効果が現れるとは限りませんが、コストもかからないし危険性も少ないと思うので、試してみる価値はありそうです。

ただ、水洗顔が勧められているのは朝だけ。夜には洗顔料やクレンジングを使い、化粧や汚れをスッキリ落とした方がいいようですよ。

ひざ下脱毛